向栄会会則

(名称及び事務所の所在地)
第 1条  この会は「向栄会」と称し、事務所を会長宅におく。

(目的)
第 2条  この会は、会員相互の親睦を図ることを目的とする。並びに福利増進、地域環境の改善、及び生活文化の向上を目指す。

(事業)
第 3条  この会は、第2条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 会員相互の親睦に関すること。
  2. 福利、衛生、地域環境、生活文化に関すること。
  3. 防犯、防火、防災に関すること。
  4. その他目的を達成するために必要なこと。

(会員)
第 4条  この会の会員は、向栄会住宅地区に居住する世帯構成員とする。

(役員)
第 5条  この会につぎの役員をおく。

1. 会長: 1名   2. 副会長: 1名   3.庶務:2名   4. 会計: 1名

第 6条  この会に会計監査を2名をおく。

(班長会)
第 7条  各班選出の班長をおき班長会を構成する。

第 8条  会長は、会員から推薦し、総会の承認を受ける。会長の任期は1年とする。

第 9条  副会長は、班長、若しくは会員から推薦し、総会の承認を受ける。
副会長の任期は1年とする。

第10条  会長は、会を代表し会務を総括する。 総会、臨時総会、役員会、班長会は会長が召集する。

第11条  庶務、会計、会計監査は班長の中より推薦し、総会の承認を受ける。
任期は1年とする。

第12条 会長の委嘱に依り顧問をおくことができる。また必要に応じて特別部会を設けることができる。

第13条 この会の事業を推進するため、役員は次の業務を担当し、会務の円滑なる運営を図る。

  1. 庶務: 会務記録、会議、行事場所の設定及び運営に関する事項。
  2. 会計: 会費その他金銭の出納、通帳の管理に関する事項。

第14条 役員に対して、次の行動費年額を支給する。

  1. 会長   : 10,000円
  2. 副会長 :  5,000円
  3. 会計  :  5,000円
  4. 庶務2名: 各3,000円

(機関)
第15条 この会に次の機関をおく。

  1. 役員会 : 会長、副会長、庶務、会計をもって構成する。
  2. 総会  : 全会員を招集する。
  3. 臨時総会: 同上
  4. 班長会 : 第1班~13班の班長
  5. 会計監査: 会員より2名

第16条 役員会は必要ある都度、又は、全員協議事項発生の都度、会長がこれを召集する。

第17条 総会は、毎年1回新年度早々に開催し、前年度中の会務及び決算報告、新年度の事業計画、予算並びに役員の改選、会則の変更、その他会の目的達成に必要なこと等を決定するものとする。

(経費)
第18条 この会の経費は、会費及び寄付金その他の収入をもって当てる。

第19条 会員は、入会申込書に会費を添えて納めるものとする。

第20条 会員は、会の運営に資するため年会費を負担する。会費は原則として返戻しない。

  1. 年会費  1,000円
  2. 中途入会 4~9月 入会は 1,000円
  3. 同上   10~3月 入会は 500円とする。

第21条 各班の事情に拠り、特に事情のある会員は、会の役員、班長、その他すべての会務を免除される場合がある。

第22条 会費は4月中に各班長が徴収し、会計まで届けることとする。なお、金銭の徴収簿は各班長において保管し、会計との授受を明確にするものとする。

第23条 会の目的上特に必要と認める場合に限り、臨時総会の決議にもとづき、臨時会費を徴収することができる。

(会計)
第24条 この会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

第25条 会計は、年度終了毎にその年度の収支決算を行い、会計監査を受けて総会にこれを報告し、承認を受けるものとする。

(役員選挙)

第26条 5条、6条、8条、9条及び11条の役員はすべて総会の出席者の3分の2以上の賛成により、決定するものとする。

(会則変更)
第27条 この会則の変更は総会の承認を経て実施する。

(寄付並びに慶弔)
第28条 寄付支出については、役員会において、その都度金額を決定の上、会名をもって実施する。
ただし、慶弔については、範囲金額等につき別に基準を設け贈呈することができる。

  1. 慶事
    結婚 :3,000円
    出産 :3,000円
    小学校入学 :図書カード(1,000円)
    その他   :その他 事項・範囲及び金額等は、役員会でその都度協議する。
  2. 弔事
    会員又は同居家族:3,000円
    その他   :その他特別の場合は、その都度協議する。
  3. 災害等見舞金
    災害等の解釈、範囲および金額等は、役員会でその都度協議して、該当者に贈ることができる。
  4. 以上の慶弔については、班長を通じての申し出により、役員会によって処理する。

(会長選出手続)
第29条 各年度、年度替り新旧班長を以って構成する選挙対策委員会により、会長候補者を選考し、推薦して総会において承認を受くるものとする。

(付則)
各班の編成は次の通りとする。

1班 6班 11班
(2班) 7班 (12班)
3班 8班 (13班)
4班 9班  
5班 10班  

 

昭和37年4月23日 総会決定
昭和37年6月24日 一部変更
昭和41年7月10日 一部変更
昭和46年7月18日 一部変更
昭和49年6月30日 一部変更
昭和53年6月25日 一部変更
昭和54年6月30日 一部変更(会計年度)
昭和58年7月11日 一部変更(慶長内規)
昭和61年6月29日 改定
平成2年5月1日 改定
平成7年4月16日 一部変更
平成13年4月22日 一部変更
平成15年4月12日 一部変更
平成19年4月14日 一部変更
平成24年4月22日 改定